また君と出会うまで・・・

※このブログは[6割がネタ][3割は妄想][1割が真実]で構成されています 基本的に底辺屑の駄文であります。
No  1343

2011年4月7日

宮城で震度6強  岩手県で震度6弱 東京で震度3。仙台で光ったのはなんだったんだよ。

4.7
4.7 posted by (C)通信伍長

自分は6強辺りの地域に居ました。

その日は普通に生活してた、20時に仕事終わって21時には家につき、飯食って風呂上がってパソコンしてた。
アニメ見ながら、iphoneで将棋うってる最中...

地震が襲ってきた、あの3.11と同じ強さの揺れ、でも今回はかなり突発的だった。
前回はゆるい揺れが長く続いた後に強い揺れだったが、今回はほんの数秒で一気に強い揺れになり、アパートがメキメキと軋む音がした、また死の恐怖に襲われ、将棋の最中のiphoneと靴を裸足で持ち、外へ逃げる。

外には既に、近隣住民が避難していた、後ろのアパートの日本語学校生の外人が数人奇声を上げる・・
自転車が倒れ、警報機がなり、電柱が傾く、アパートも倒壊するほどの揺れ、警報機が鳴り、地鳴りもする・・・

そして、一斉に電気が消え、辺りは暗闇に包まれる・・・

ほんの数秒だった。

そして、将棋の対戦相手に別れを告げる。

地震中、将棋してた。
地震中、将棋してた。 posted by (C)通信伍長

部屋に戻ると、電気水道ガスと戻ったばかりのライフラインがすべてダメになってた。
すぐさま、着替えて、すぐに店の救援へと向かった。

案の定、宮町付近は停電していた、信号も消えていた。
だけど、幸町付近は電気がついてた。

ふと気がついた。

幸町の踏切のファミマが閉まってた・・・
数日前に営業再開して「24時間営業再開しました、ご迷惑おかけしました」と張り紙があったのに、なくなってた。

店に付くと、案の定前回と同じほどの被害。
まだ閉店前でお客様も居た中だったようで、多くの食器が割れてたりしてた。
その後深夜1時まで片付け作業と情報交換をして解散。

幸町のジャスコの空調がヘリの様な大きな音をたててたのが印象的だった、後ヘリがかなり飛んでた。

家に帰り暗闇の中何も出来ないので、寝ることにするが、近くで火災警報器が数台音を上げ眠りを妨げる。

4月8日
次の日の朝10時目を覚ますが、やはり電気、水道はダメだった。
すぐに店に向かい復旧作業の手伝いに行く、以外にも昨日消えていた信号は既に復旧していた。

店に向かうと店への被害はあまりないので普通に営業再開との事。
10時から21時まで、死に物狂いで働きました・・・みんなライフラインなくなってるのか、売り上げパェ・・・

あそこまで疲れたのは久しぶりだ。

家に帰るとライフライン全部復旧してました\(^o^)/

風呂入ったら、壁に亀裂が入ってました\(^o^)/

不動産屋に電話だぁー!

こんな感じです、地震で倒壊した病院とかあるそうです、某百貨店のガラスが全部割れたとか、半壊した事業所があるとか。

あれで余震って酷くないか?
誰か僕に募金して(切実)
別窓 | 被災記録 | コメント:0
∧top | under∨
No  1322

被災当日

2011年3月11日 に起きた宮城県の地震について

自分の行動一覧



14時45分頃
いつもの様に、テレビを見ながら2chをして、iphoneで将棋を打っていた、そんな中。

地震が起きた

いつものように、地震の大きさを予想する、4か5かななんて思ってたけど一向に地震が収まらない
30秒ほど家の中で様子を見ていただろうか、そこで急に強い揺れがきた。

そこで事の重大さを実感
「これはやばい、死ぬ、遂にきた」などという単語が浮かぶ。
アパートは激しく揺れ、ガガガガァッ、ゴゴゴッゴォと音をたてる
外へ出ると、数人の近隣住民が既に避難していた。

外で見る光景は恐ろしいものとなっる。
今にも倒壊しそうに揺れるアパートや建物群、ブロック塀は形を変え崩れ落ち、電柱は斜めに傾き倒れそうだ、
車は外人がカーセックスでもしているかのように激しく揺れる、立つ事も辛くなり、地面に伏せる。

死を覚悟した。

揺れは長かった、唯一手に持った、iphoneを見ると1時50分、5分近く揺れていた事になる。
部屋に戻ると、まずは積み重ねていた新聞紙の山が崩れ邪魔をする、テレビは落ち、pc液晶は2台とも倒れていた
机に置いていた麦茶は倒れ床がびしょ濡れ。

被災後のpc
被災後のpc posted by (C)通信伍長

被災後の部屋
被災後の部屋 posted by (C)通信伍長


軽く家の被害状況を確認。
この時の状況はガス(LPガス)はダメ、水道は出てた、電気が止まっていた。

すぐさまに荷物をまとめて、店(仕事場)へ向かおうと決意

15時丁度、原付に乗り家を出る。
ふと、見ると原付が倒れている、そして窓ガラスが割れていた。

我が家の被害
我が家の被害 posted by (C)通信伍長


保険降りますか?(切実)(絶望)

東照宮駅横の、小松島踏切にさしかかると、仙山線の電車が止まっていた。
駅のホームから駅員らしき数名が電車にかけよる、まだ電車の中に人が閉じ込められているようだ。

高松1丁目 小松島踏切 地震直後から止まってます
高松1丁目 小松島踏切 地震直後から止まってます posted by (C)通信伍長


ふと、気づく信号が止まっている・・・・

石巻街道に入り、幸町へ向かおうとするが、案の定信号が止まっている、
アイコンタクトでドライバーと歩行者が道を譲り合い道を進む、だが、見た感じ数百m.数km.渋滞に思えた。
だが、そこは原付の機動力で難なく進む・・・が。
ファミリーマート前の踏切で止まる、電車が止まっているが遮断機が下りたままだ、隣の斜線を見ると遮断機が折れている・・・
電車が止まっているのは知っているが、進めずにいた・・・

そこで引き返そうと原付をバックさせた時、数名の男性が集まり、おじさんが一言
「みんなで遮断機あげよや」
それに賛同し、自分を含め数名の男性が遮断機を追ったり、曲げたり上げたりして渋滞を解消しようとした。

地震直後の踏切 みんなで遮断機どけてます
地震直後の踏切 みんなで遮断機どけてます posted by (C)通信伍長


遮断機を押さえ、降りないように抑えること10分ほどだろうか、自体が一切進展しない。
自分は早く仕事場へ向かい復旧の手助けをしたいのに・・・

そんな中でも車は数百台・・・数十人と人々が通っていく、手が冷えて、辛くなってくる。

コンビニ前踏切
コンビニ前踏切 posted by (C)通信伍長


そんな時、向かいの遮断機を押さえたお兄さんが、別の遮断機を折り遮断機をささえ自力で降りない様にしていた
埒があかないのでそれに賛同し、別の人に今まで抑えていた遮断機を頼み、一緒に遮断機を折り始めた(ごめんなさい)
そして、遮断機の下に引っ掛け、車が走行できる様になり、とっさのボランティア?活動から開放された。

皆さん感謝!

15時15分頃 店
その後すぐに、店へ向かうと、駐車場の自転車は倒れ閑散としていた。
裏口から店に入るとパートのおばさんたちが居た、皆無事な様だったが、数十kg.もあるジュースサーバーを持ち上げていた
咄嗟に手を貸す、店内は食器が割れ、お客様の姿は消えていた。

皆ですぐさま店内の清掃と店内の状況を確認して、食材の保管と確保を開始。
炊飯器に残ったご飯をみんなで分け合う。

地震直後の幸町
地震直後の幸町 posted by (C)通信伍長


こちらもライフライン全滅の様だった。

情報の確認と全員の安否確認を行い、解散。
上司と残り自分は20時30分頃まで店で待機していた。

ここで面白いのが、あんな地震の直後なのに、お客さんはしっかり食べた分の代金は律儀に払って行ったそうだ。
お代は良いので避難してくださいと言ったのにも関らずだ、日本人らしさが出てる。

情報がまったく無かった。
iphoneで2chをしたり、2chまとめサイトリーダーで情報を集めるも、絶望的な情報ばかりで自体は悪化していく一方だった。

分けてもらった、おにぎりをかじり、胃袋を見たす。
周りの店は全部閉まっている・・・毎日賑わっていた幸町は停電で車のライトだけが頼りだ。
ガス局が目の前にあり、ガスの匂いが充満していた、非常に危険だ、あれば爆発すれば、幸町がなくなりそうだ。
停電中の幸町
停電中の幸町 posted by (C)通信伍長


雪も振り・・・寒さが身にしみる。

世紀末って言葉が合う。

21時
家に帰り、家の状況確認。
水が出なくなった、ガスはダメ、電気もダメ、何も無い・・・絶望だ・・・

運良く小型のLEDライトが合ったので、それで部屋の軽い整理、暖房器具も使えず寒さに冷える。
荷物段防具を身にまといいつでも逃げれる準備をしながら毛布をかぶる。

数分置きに起きる余震と闇と寒さが、恐怖心を煽る。
2chをして情報を収集するもバッテリーが切れ掛かり、恐怖する・・・

余震も怖いが、眠気には勝てず深夜1時ごろに眠りにつく。


今日食べたもの
おにぎり2個 パン1個 お茶少々

一日目終了。


別窓 | 被災記録 | コメント:0
∧top | under∨
| また君と出会うまで・・・ |